大學生活

休學?復學手続き

Print Facebook Twitter

休學

病気その他やむを得ない理由により、2か月以上修學することができない場合は、休學することができます。

休學手続き

  1. 下記受付窓口で「休學願」を受け取り、必要事項を記入してください。
  2. 「休學願」に保証人の署名?押印を受けてください。
  3. 指導教員(學生生活擔當教員等)と面談のうえ、「休學願」に所見?押印を受けてください。
  4. 下記授業料擔當窓口で「休學願」に授業料納付証明印の押印を受けてください。
  5. 奨學生は、學生生活支援課で奨學事務擔當者照合印の押印を受けてください。
  6. 受付窓口に「休學願」を提出してください。
  7. 休學する理由が、病気?體調不良の場合は醫師の診斷書を、留學する場合は「海外渡航屆」を添付してください。

休學の留意點

  • 休學期間中は、授業及び學期末試験を受けることができません。
  • 休學期間は、1年を超えることはできませんが、特別の事情がある場合は休學期間の延長が許可されることがあります。ただし、休學期間は、學部學生は連続して3年、修士課程及び教職大學院の課程にあっては連続して2年、醫學系研究科博士課程、博士後期課程及び連合農學研究科博士課程にあっては連続して3年を超えることはできません。なお、1回に申請できるのは1年までです。
  • 平成28年度以降に入學した學部學生は、休學が2カ月以上にわたるときは、その期間は標準修業年限に算入されません。大學院生及び平成27年度以前に入學した學部學生については、現行どおり休學が3カ月以上にわたるときは、その期間は標準修業年限に算入されません。
    また、卒業判定時に休學中の者は、卒業判定の対象とはなりません。
  • 貸出図書がある場合は、図書館カウンターまで返卻してください。

なお、図書館に返卻していない図書があるかどうかはコチラからご確認ください。

休學する場合の授業料の取り扱い

休學期間「休學願」受理日授業料の取り扱い
前學期
(4月1日?9月23日)
?3月31日前學期分の授業料が全額免除
4月1日?4月30日1カ月分(4月分)の授業料納付、5カ月分(5月?9月分)が免除
5月1日?前學期分の授業料を全額納付
後學期
(9月24日?3月31日)
?9月23日後學期分の授業料が全額免除
9月24日?10月31日1か月分(10月分)の授業料納付、5カ月分(11月?3月分)が免除
11月1日?後學期分の授業料を全額納付
前學期?後學期
(4月1日?3月31日)
?3月31日前學期?後學期分の授業料が全額免除
4月1日?4月30日1カ月分(4月分)の授業料納付、11カ月分(5月?3月分)が免除
5月1日?9月23日

前學期分の授業料を全額納付、後學期分の授業料が全額免除

※クォーターで休學する場合の授業料の取扱い
 學期開始前又は授業料納付期限(前學期4月30日、後學期10月31日)までに休學が許可された場合は、1日も在學しない月の授業料は免除されます。
 授業料納付期限後に休學が許可された場合は、當該學期の授業料は全額納付する必要があります。

復學

復學に関する手続きは次のとおりです。

休學期間が満了して復學する場合

休學期間満了日までに、下記受付窓口へ復學する意思を連絡し、「復學屆」を提出してください。

休學期間中に復學する場合

下記受付窓口へ「復學願」を提出してください。なお、復學した場合は、復學した月から當該學期末までの授業料を納付してください。

受付窓口

擔當チーム擔當學部等電話番號場所
法文學部チーム法文學部、人文社會科學研究科089-927-9220學生サービスステーション
(図書館1階)
教育學部チーム教育學部、教育學研究科089-927-9377
社會共創學部チーム社會共創學部、人文社會科學研究科089-927-9019
理學部チーム理學部、SSC089-927-9546
工學部チーム工學部、理工學研究科089-927-9697
醫學部學務課醫學部、醫學系研究科089-960-5175醫學部本館
農學部學務チーム農學部、農學研究科089-946-9806農學部本館

授業料擔當窓口

擔當窓口電話番號場所
財務部経理調達課経理チーム089-927-8871城北事務センター1階
醫學部経理チーム089-960-5148醫學部管理棟
農學部會計チーム089-946-9804農學部本館
国自产精品手机在线视频_97在线看视频福利免费-穿帮电影网