プレスリリース | 愛媛大學 http://www.stereoboyz.com 愛媛大學の公式webサイトです Thu, 29 Jul 2021 00:38:35 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.5.1 真珠の輝きを再現できる新しい光學モデルの構築に成功 http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-168441/ Wed, 28 Jul 2021 05:41:52 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=168441 光學シミュレーションに基づいた高品質な真珠の開発に期待 概要 このたび、愛媛大學大學院理工學研究科の尾﨑良太郎準教授の研究グループは、愛媛県農林水産研究所水産研究センターとの共同研究で、真珠內部での光の透過、反射、散亂を […]

The post 真珠の輝きを再現できる新しい光學モデルの構築に成功 first appeared on 愛媛大學.]]>
光學シミュレーションに基づいた高品質な真珠の開発に期待

概要

このたび、愛媛大學大學院理工學研究科の尾﨑良太郎準教授の研究グループは、愛媛県農林水産研究所水産研究センターとの共同研究で、真珠內部での光の透過、反射、散亂を考慮した新しい光學モデルを構築し、真珠の輝きを生み出す干渉色を光學計算により再現する技術を新たに開発しました。この研究により、どのような內部構造をもつ真珠がどのような干渉色を示し、どのような外観になるのかをコンピュータグラフィックスで予見できるようになりました。この技術は、真珠の高品質化や、これまでにない新しい輝きをもつ真珠の開発に貢獻すると期待されます。

厚さの異なるアラゴナイト結晶層をもつ真珠と新しい光學モデルにより再現したコンピュータグラフィックス

なお、本研究の成果は、2021年7月27日付けで、Springer Nature社が発行する學術雑誌『Scientific Reports』のオンライン版に掲載されました。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 604KB)

The post 真珠の輝きを再現できる新しい光學モデルの構築に成功 first appeared on 愛媛大學.]]>
世界初の研究成果!レチノール摂取が潰瘍性大腸炎発癥に予防 論文発表 http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-168447/ Wed, 28 Jul 2021 05:30:12 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=168447 概要 愛媛大學が主導する多施設共同研究である「日本潰瘍性大腸炎研究」において、レチノール摂取が潰瘍性大腸炎発癥に予防的であることを示す研究成果を世界で初めて発表し、令和3年6月2日に學術誌「 Nutrition 」の電子 […]

The post 世界初の研究成果!レチノール摂取が潰瘍性大腸炎発癥に予防 論文発表 first appeared on 愛媛大學.]]>
概要

愛媛大學が主導する多施設共同研究である「日本潰瘍性大腸炎研究」において、レチノール摂取が潰瘍性大腸炎発癥に予防的であることを示す研究成果を世界で初めて発表し、令和3年6月2日に學術誌「 Nutrition 」の電子版に公表されました。また、従來より議論のありましたビタミンCと野菜(緑黃色野菜を除く)摂取も潰瘍性大腸炎発癥に予防的であることを示しています。
酸化ストレスと潰瘍性大腸炎のいくつかの癥狀との関連が指摘されています。これまで野菜、果物摂取が潰瘍性大腸炎に予防的であることが示されていますが、抗酸化物質摂取と潰瘍性大腸炎リスクとの関連を調べた疫學研究成果は全世界を見渡しても少ない狀況です。
今回、全國52醫療機関に通院している潰瘍性大腸炎の患者さん384名を癥例群とし、潰瘍性大腸炎ではない対照群として666名が「日本潰瘍性大腸炎研究」と稱する癥例対照研究(疫學研究の一種)に參加し、そのデータを活用し、野菜、果物、抗酸化物質摂取と潰瘍性大腸炎リスクとの関連を調べました。その結果、緑黃色野菜以外の野菜、ビタミンC、レチノール摂取は潰瘍性大腸炎のリスク低下との関連を認めました。
今後、更なる研究データの蓄積が必要となりますが、食習慣の変容により、潰瘍性大腸炎を予防できる可能性を示す非常に関心の高い研究成果であるといえます。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 563KB)

The post 世界初の研究成果!レチノール摂取が潰瘍性大腸炎発癥に予防 論文発表 first appeared on 愛媛大學.]]>
クジラの神経で環境汚染物質の毒性を知る http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-168414/ Tue, 27 Jul 2021 10:39:12 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=168414 座礁したクジラの組織から直接分化誘導した神経細胞を使って脳の健康狀態を評価する ポイント 座礁した鯨類の組織から線維芽細胞を培養 鯨類の線維芽細胞を再プログラム化して神経細胞へ直接分化誘導することに成功 誘導神経細胞を用 […]

The post クジラの神経で環境汚染物質の毒性を知る first appeared on 愛媛大學.]]>
座礁したクジラの組織から直接分化誘導した神経細胞を使って脳の健康狀態を評価する

ポイント

  • 座礁した鯨類の組織から線維芽細胞を培養
  • 鯨類の線維芽細胞を再プログラム化して神経細胞へ直接分化誘導することに成功
  • 誘導神経細胞を用いて環境汚染物質の神経毒性を評価

 

概要

愛媛大學沿岸環境科學研究センター(CMES)の研究チームは、カズハゴンドウ(Peponocephala electra)の體細胞を神経細胞へ直接分化誘導することに初めて成功しました。環境汚染物質の一種であるポリ塩化ビフェニル(PCBs)の代謝物(4’OH-CB72)をこの誘導神経細胞に曝露した結果、能動的な細胞死(アポトーシス)が観察されました。 4’OH-CB72を曝露したクジラ誘導神経細胞の転寫産物(トランスクリプトーム)を網羅的に解析したところ、酸化的リン酸化?クロマチン分解?軸索輸送、および神経変性疾患に関連する遺伝子の発現量が変化していることがわかりました。本研究の結果は、2021年6月1日にアメリカ化學會の學會誌Environmental Science & Technologyに掲載されました。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 491KB)

The post クジラの神経で環境汚染物質の毒性を知る first appeared on 愛媛大學.]]>
【7月19日】「愛媛大學ダイバーシティ推進ステートメント」を策定 ~ダイバーシティをさらに推進~ http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-167669/ Mon, 19 Jul 2021 04:26:03 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=167669  このたび、愛媛大學のダイバーシティをさらに推進するために、「愛媛大學ダイバーシティ推進ステートメント」を、女性大臣の日である本日、策定しました。  大きな変革の時である今の時代においてこそ、「誰一人、取り殘さない」社會 […]

The post 【7月19日】「愛媛大學ダイバーシティ推進ステートメント」を策定 ~ダイバーシティをさらに推進~ first appeared on 愛媛大學.]]>
 このたび、愛媛大學のダイバーシティをさらに推進するために、「愛媛大學ダイバーシティ推進ステートメント」を、女性大臣の日である本日、策定しました。

 大きな変革の時である今の時代においてこそ、「誰一人、取り殘さない」社會を実現するために、多様な人材、組織が連攜して問題解決に當たる「ダイバーシティ」の視點が重要です。

 愛媛大學は「輝く個性で地域を動かし世界とつながる大學」を創造することを理念としており、世界標準のダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(受容し活かすこと)への理解と環境の整備を目指します。

 また、愛媛大學は、すべての人々の人権保障と次世代のためのより良い新たな社會の創造のため、性別、年齢、國籍、障がいの有無、性的指向?性自認、人種、民族、文化、宗教などの違いにかかわらず、互いを尊重し協働しあえる場を提供し、地域に根ざしながら地球規模での多様な問題解決にあたる知の拠點を目指します。

 そのために、さまざまな取組みによってダイバーシティをより一層推進し、構成員一人一人が個性を輝かせ、能力を発揮できる大學となることを宣言します。

 

プレスリリース資料はこちら(PDF 252KB)

The post 【7月19日】「愛媛大學ダイバーシティ推進ステートメント」を策定 ~ダイバーシティをさらに推進~ first appeared on 愛媛大學.]]>
【7月26日~8月13日】青年研修「中南米アグリビジネス/アグリツーリズム」を開催 http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-167654/ Mon, 19 Jul 2021 04:24:19 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=167654 ? 愛媛大學國際連攜推進機構アジア?アフリカ交流センターでは、獨立行政法人國際協力機構四國センター(JICA四國)の委託を受け、中南米諸國のアグリビジネスに攜わる若手行政官?普及員?農協職員?大學教員等(4か國13名)を […]

The post 【7月26日~8月13日】青年研修「中南米アグリビジネス/アグリツーリズム」を開催 first appeared on 愛媛大學.]]>
? 愛媛大學國際連攜推進機構アジア?アフリカ交流センターでは、獨立行政法人國際協力機構四國センター(JICA四國)の委託を受け、中南米諸國のアグリビジネスに攜わる若手行政官?普及員?農協職員?大學教員等(4か國13名)を対象に、青年研修「中南米アグリビジネス/アグリツーリズム」コースのオンライン研修(昨年度に続き2回目)を実施します。
 この研修では、日本や愛媛県の農山漁村において、農業を生業とする人々が主體となったアグリビジネスの取組を學びます。また、南予地方の共同選果部會やみかん農家、カトラッチャ珈琲焙煎所のオンラインフィールド研修を通じて、実踐的な取組の理解を深めます。
 日本の取組を學ぶことで、研修員自身が関わる地域の狀況を見つめ直し、課題と可能性を明らかにするとともに、自國への具體的な適用策を考え、実踐することで、本研修が各國での農業?観光振興に活用されることを期待します。

研修期間

令和3年7月26日(月)~8月13日(金)

開催方法

オンライン(Zoom)

対象國

中南米4か國(コスタリカ、コロンビア、ペルー、メキシコ)

取材について

Zoom(通訳あり)でご參加いただけますので、必ず事前に問い合わせ先まで、ご連絡ください。

參考

プレスリリース資料はこちら(PDF 409KB)

 

The post 【7月26日~8月13日】青年研修「中南米アグリビジネス/アグリツーリズム」を開催 first appeared on 愛媛大學.]]>
令和3年度「地域創生イノベーター育成プログラム(東予)(南予)【履修証明プログラム】」 を開講します http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-167214/ Wed, 14 Jul 2021 07:56:11 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=167214  愛媛大學は「地域とともに輝く大學」を理念に掲げており、「地域創生」に貢獻できる人材の育成に取り組んでいます。この度、地域協働センター西條及び地域協働センター南予にて「愛媛大學地域創生イノベーター育成プログラム(東予)」 […]

The post 令和3年度「地域創生イノベーター育成プログラム(東予)(南予)【履修証明プログラム】」 を開講します first appeared on 愛媛大學.]]>
 愛媛大學は「地域とともに輝く大學」を理念に掲げており、「地域創生」に貢獻できる人材の育成に取り組んでいます。この度、地域協働センター西條及び地域協働センター南予にて「愛媛大學地域創生イノベーター育成プログラム(東予)」、「愛媛大學地域創生イノベーター育成プログラム(南予)」をオンライン主體で開講します。
 本プログラムは、①愛媛県及び東予地域または南予地域を例としてわが國の「地方、地域」の現狀や課題に対する深い理解、②課題解決のためのさまざまな分野からのアプローチ方法の知識理解と技術修得、③具體的な課題の解決方法を提案するまでのプロセスの経験を通して、わが國の國策として強く謳われている「地方創生」に貢獻できる人材に必要な知識?素養や技術を修得することを目的としています。
 なお、本プログラム修了者には、學長名の「履修証明書」を交付するとともに、「愛媛大學地域創生イノベーター(東予)」、「愛媛大學地域創生イノベーター(南予)」の名稱を付與します。

募集期間

令和3年7月19日(月)~ 令和3年8月20日(金) 

開講期間

令和3年9月11日(土)~ 令和4年2月19日(土)

募集人數

愛媛大學地域創生イノベーター育成プログラム(東予) 30人
愛媛大學地域創生イノベーター育成プログラム(南予) 30人

受講料

30,000円(ただし、本年度は10,000円とする。)

參考Webサイト

社會連攜機構Webサイト

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 734KB)

The post 令和3年度「地域創生イノベーター育成プログラム(東予)(南予)【履修証明プログラム】」 を開講します first appeared on 愛媛大學.]]>
【7月6日】愛媛大學防災情報研究センター 防災?まちづくりに関わる最新の學術?技術開発シンポジウム http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-166211/ Fri, 02 Jul 2021 07:24:39 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=166211 ?愛媛大學では、大規模自然災害に対する地域防災の研究拠點として、また防災や建設関連の新技術開発の拠點として、平成18年4月に愛媛大學防災情報研究センターを設置しました。以降、多くの寄附講座?寄附研究部門を受け入れ、學術研 […]

The post 【7月6日】愛媛大學防災情報研究センター 防災?まちづくりに関わる最新の學術?技術開発シンポジウム first appeared on 愛媛大學.]]>
?愛媛大學では、大規模自然災害に対する地域防災の研究拠點として、また防災や建設関連の新技術開発の拠點として、平成18年4月に愛媛大學防災情報研究センターを設置しました。以降、多くの寄附講座?寄附研究部門を受け入れ、學術研究、技術開発、人材育成、防災啓発に取り組んできました。
?今回、これらの成果を発表する場として、下記のとおりシンポジウムを開催いたします。

日時

令和3年7月6日(火) 13:00~17:35

場所

愛媛大學南加記念ホール(松山市文京町3番) ※オンラインを併用して開催します。

內容

  • 開會挨拶全體講演 「愛媛大學防災情報研究センター寄附講座における防災関連學術技術開発研究」
  • セッションⅠ 「建築?防災関連技術開発研究」
  • セッションⅡ 「防災意識?技術伝承」
  • セッションⅡ 「事前復興?國土強靱化研究」
  • セッションⅣ 「防災教育研究」
  • 閉會挨拶

申込方法

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 594KB)

The post 【7月6日】愛媛大學防災情報研究センター 防災?まちづくりに関わる最新の學術?技術開発シンポジウム first appeared on 愛媛大學.]]>
準安定相ナノワイヤからの強い第二高調波発生 http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-166176/ Fri, 02 Jul 2021 07:20:46 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=166176 ポイント GaAsナノワイヤ中に安定な立方晶、準安定な六方晶が共存 六方晶GaAs部位で強力な第二高調波発生 安定?準安定相制御で非線形光學機能が拡大 概要 半導體GaAsは、センサーやレーザーに主に使用される材料である […]

The post 準安定相ナノワイヤからの強い第二高調波発生 first appeared on 愛媛大學.]]>
ポイント
  • GaAsナノワイヤ中に安定な立方晶、準安定な六方晶が共存
  • 六方晶GaAs部位で強力な第二高調波発生
  • 安定?準安定相制御で非線形光學機能が拡大

概要

半導體GaAsは、センサーやレーザーに主に使用される材料であるとともに、高い非線形光學定數をもつことから波長変換材料としても利用できます。本報告は、GaAsナノワイヤ中の結晶構造を変化させることでその非線形光學特性を制御し、フォトニクス材料としての機能拡大を提案します。
愛媛大學大學院理工學研究科の石川史太郎準教授が參加するスウェーデンのリンショーピン大Buyanova教授の研究グループの研究では、GaAsナノワイヤ中の準安定な六方晶の結晶構造を持つ極微細領域において、安定な立方晶部位よりも約7倍の強力な第二高調波発生が得られることを見出しました。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 533KB)

The post 準安定相ナノワイヤからの強い第二高調波発生 first appeared on 愛媛大學.]]>
【7月11日】〈記者説明會〉産學官連攜河內晩柑製品の発表ー學生參加による地域連攜製品の開発ー http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-165787/ Wed, 30 Jun 2021 06:08:29 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=165787  このたび、愛南町との共同により、愛媛大學農學部及び大學院農學研究科の學生35人が、河內晩柑を活用した5製品を開発しました。  河內晩柑は、愛媛県特産の柑橘で、特に愛南町を中心とした南予地方で栽培されています。果皮には認 […]

The post 【7月11日】〈記者説明會〉産學官連攜河內晩柑製品の発表ー學生參加による地域連攜製品の開発ー first appeared on 愛媛大學.]]>
 このたび、愛南町との共同により、愛媛大學農學部及び大學院農學研究科の學生35人が、河內晩柑を活用した5製品を開発しました。
 河內晩柑は、愛媛県特産の柑橘で、特に愛南町を中心とした南予地方で栽培されています。果皮には認知機能改善効果が報告されているオーラプテンや抗アレルギー効果があるノビレチンなどの保健機能成分を豊富に含んでおり、健康効果のある柑橘として注目を集めています。
 河內晩柑の味や香りなどの特徴を知ってもらうことを目的として、「大學生が好む河內晩柑製品」をコンセプトに、學生が中心となって製品企畫を立案し、事業者との連攜により5つの製品の開発に成功しました。7月12日(月)の愛媛大學生協ショップでの販売開始を前に、記者説明會を開催いたします。
 

日時

令和3年7月11日(日)13時00分~

場所

愛媛大學農學部 3階 多目的ホール(松山市樽味3丁目5?7)

會見者

愛媛大學長 仁科 弘重
愛媛大學大學院農學研究科附屬食品健康科學研究センター長 菅原 卓也
愛南町長 清水 雅文 様

陪席者

愛媛大學理事?副學長兼社會連攜推進機構長 若林 良和
愛媛大學大學院農學研究科長 山內 聡
愛南町農林課長 吉村 克己 様
愛南町農業支援センター 中本 健仁 様

 

事前に取材の參加者數を把握するため、取材に來られる場合は、7月8日(木)までに下記問い合わせ先までご一報ください。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 343KB)

The post 【7月11日】〈記者説明會〉産學官連攜河內晩柑製品の発表ー學生參加による地域連攜製品の開発ー first appeared on 愛媛大學.]]>
近赤外光を吸収する大環狀芳香族の合成~9個のピロールで構成される拡張ポルフィリノイドの選択的合成~ http://www.stereoboyz.com/data_relese/data_relese-165629/ Fri, 25 Jun 2021 06:19:28 +0000 http://www.stereoboyz.com/?post_type=data_relese&p=165629 ポイント 近赤外光を吸収する新たな大環狀芳香族化合物の合成に成功しました。 含窒素複素環であるピロールが環狀につながって全體として芳香族性を示す分子のうち、これまでに知られていた6~8および10個のものに加えて、9個のピ […]

The post 近赤外光を吸収する大環狀芳香族の合成~9個のピロールで構成される拡張ポルフィリノイドの選択的合成~ first appeared on 愛媛大學.]]>
ポイント
  • 近赤外光を吸収する新たな大環狀芳香族化合物の合成に成功しました。
  • 含窒素複素環であるピロールが環狀につながって全體として芳香族性を示す分子のうち、これまでに知られていた6~8および10個のものに加えて、9個のピロールで構成される分子を初めて選択的に合成しました。
  • X線結晶構造解析を用いて分子構造を、紫外可視近赤外分光法、磁気円偏光二色性分光法、分子軌道計算により電子構造を明らかにしました。

概要

愛媛大學大學院理工學研究科 奧島鉄雄準教授、宇野英満教授らの研究グループは、信州大學の小林長夫特任教授と共同で、ピロール-ピロール直接結合のみで構成された環拡張ポルフィリンであるシクロ[9]ピロールの選択的合成に成功し、その分子構造、光學特性及び電子構造を明らかにしました。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 629KB)

The post 近赤外光を吸収する大環狀芳香族の合成~9個のピロールで構成される拡張ポルフィリノイドの選択的合成~ first appeared on 愛媛大學.]]>
国自产精品手机在线视频_97在线看视频福利免费-穿帮电影网