愛媛大學について

愛媛大學 第3期中期目標?中期計畫

Print Facebook Twitter

大學の基本的な目標

前文

愛媛大學は、地域に立腳する総合大學として、教育、研究、社會貢獻を一體的に推進し、「愛媛大學憲章」に謳う「學生中心の大學」「地域とともに輝く大學」「世界とつながる大學」の実現を目指す。

第3期中期目標期間においては、學長のリーダーシップの下、

  1. 學生の可能性を育む教育活動の推進
  2. 特色ある研究拠點の形成と強化
  3. グローバルな視野で地域の発展を牽引する人材の育成

を重要課題として、以下の基本目標?中期目標?中期計畫を定める。

教育?學生支援に関する目標

愛媛大學の全學生に期待される能力「愛大學生コンピテンシー」を卒業?修了時までに習得させるため、教育環境の整備と學生支援體制の強化を図る。

 

(1)學士課程における教育內容の改善
(2)大學院課程における教育內容の改善
(3)教育?學習成果の可視化と評価
(4)教員の教育力向上
(5)學習支援?學生支援の充実
(6)入學者選抜方法の高度化に関する目標
(7)附屬學校園に関する目標

 

詳細はこちら

研究に関する目標

基礎課題から応用課題、地域課題から世界最先端課題にわたる多様な研究分野において実績ある研究者グループの組織強化、新規編成を図り、特色ある研究を推進する。

 

(1)研究拠點の強化
(2)研究力の強化

 

詳細はこちら

社會貢獻に関する目標

「地(知)の拠點」としての中核機能を拡充強化し、多様な地域ステークホルダーと協働して地域の持続的発
展に貢獻する。

 

(1)地域創生機能の強化
(2)地域志向型人材育成に向けた教育組織の新設とカリキュラム等の展開
(3)地域?社會の課題の解決に資する研究の推進及び人材の育成
(4)地域?社會の課題の解決と産業イノベーションにつながる産學官連攜活動
(5)教育研究成果の地域還元に関する目標

 

詳細はこちら

國際化?國際貢獻に関する目標

グローバル化に対応した人材を育成するとともに、海外の教育?研究機関との連攜を基軸に、國際社會との交流を推進する。

 

(1)國際的な大學間連攜の推進
(2)グローバル化に対応した人材の育成
(3)グローバル化に対応した體制の整備

 

詳細はこちら

管理運営?組織に関する目標

大學の強みや特色を一層伸長させるため、人材育成マネジメントの質を向上させるとともに、學內組織や學內資源の見直しを行う。

 

(1)組織の戦略的企畫機能の強化
(2)教育研究組織の見直し
(3)事務系職員の人事制度と人材育成マネジメント
(4)自己點検評価の充実
(5)情報公開や情報発信等の推進
(6)法令遵守等に関する目標

 

詳細はこちら

キャンパス基盤整備に関する目標

戦略的な施設マネジメントにより、質の高い教育研究環境を整備する。

 

(1)施設設備の整備?活用等
(2)安全管理?環境管理
(3)學術情報基盤の充実

 

詳細はこちら

財政に関する目標

自己収入の増加及び経費の抑制により、財政の健全性を維持?向上させる。

 

(1)自己収入の増加
(2)経費の抑制
(3)資産の運用管理の改善

 

詳細はこちら

附屬病院に関する目標

地域醫療の中核機関として、醫療の質の向上に努めるとともに、経営の更なる安定化を図る。

 

(1)醫療の質の向上、地域貢獻
(2)醫療人の育成と醫學教育
(3)醫學研究の推進
(4)病院の國際化に関する目標
(5)経営の安定化
(6)労働環境

 

詳細はこちら

国自产精品手机在线视频_97在线看视频福利免费-穿帮电影网