地域?國際

海外留學?海外派遣

Print Facebook Twitter

「國際的視野を有する人材の育成」を目標に掲げ、學生の海外派遣?海外留學に力を入れています。関連部局と連攜しながら、在學生の海外派遣を推進するさまざまな取り組みを行っており、その一方で、海外への長期留學を希望する學生の相談にも対応しています。

留學相談

img_abroad01日本人學生を國際的に活躍できる人材として教育することについても力を注いでおり、留學相談室を設置し海外で學びたい學生を対象に留學相談を行っていま す。また、留學経験者がこれから海外を目指す學生たちにポスター発表し、熱い思いを語る“Study Abroad Fair”を毎年5月頃に開催しています。

短期海外研修

img_abroad02海外留學を支援する制度として、愛媛大學學生海外短期派遣?受入プログラム支援事業があり、當該プログラムで海外に渡航した學生は、大學から奨學金を受給することができます。
本プログラムは教員が企畫し、參加學生を募集します。

語學研修や異文化體験を行う「海外研修プログラム」では「體験と対話」をキーコンセプトに、毎年1~4週間程度の研修を実施しており、「韓國文化研修」「中國文化研修」などがあり、これらは研修の説明會もあり、広く全學の學生が參加できるように周知しています。

(1) 全學向け研修プログラム
 全ての學部學生向け研修は、學年にかかわらず、愛媛大學生であればだれでも參加可能なプログラムです。語學研修や異文化體験プログラム、そして両方が體験できる語學?體験プログラムなど、國際感覚を養うための入り口的なプログラムです。

プログラム例

  • 短期語學?文化研修(韓國、中國、英國、フィリピンほか)
  • 歐米文化研修プログラム(ルーマニア、米國ほか)
  • 米國文化體験プログラム(シアトル、ルイジアナ、シカゴほか)
  • 英語學習集中プログラム(米國、カナダ、アイルランドほか)
  • サービス?ラーニングプログラム(インドネシア)

(2) 専門的プログラム
各學部での基礎教育を受けた高學年學部生や大學院生を対象に、専門分野での能力を発展させるための研修や短期留學プログラムが各學部で用意されています。さらに、大學院レベルでの長期留學や交換留學プログラムもあります。

プログラム例

  • 海外技術者インターンシッププログラム(中國:工學部ほか)
  • 共同研究參加型プログラム(インドネシア?フィリピン?韓國?臺灣:理學部?工學部?農學部ほか)
  • 海外教育実習プログラム(米國、フィリピン:法文學部?教育學部ほか)
  • フィールド調査(米國、オーストラリア、フィリピン、ベトナム、ネパール、インドほか:各學部)
長期留學

長期留學では語學力?學力が必要とされるだけでなく、言語?文化の違う異國の地において、自己管理?健康管理?リスク管理等を自らの責任において行うことが要求されます。辛く厳しい狀況に追い込まれることも多いですが、そうした體験が精神的?人間的にも大きく成長させてくれます。単に知識を得るだけでなく、さまざまな事が吸収できるのが長期留學の最大のメリットです。

長期留學を終えて帰國した學生の支援も開始しています。

海外派遣へのリスク対応

海外派遣時に必ず伴うリスクを最小限にとどめるために、海外研修?留學前にオリエンテーションを徹底し、日本人學生派遣の安全確保のためのキット「海外渡航安全管理キット」を配布するほか、學生及び教員向けに「危機管理セミナー」を実施するなど、學內の危機に対する啓発も行い、學內體制作りを進めています。
安全かつ、安心して勉強できるような環境づくりを行っています。

このページを見ている方へおすすめ

国自产精品手机在线视频_97在线看视频福利免费-穿帮电影网